2005年、台湾出身の私は結婚したのです、あるロマンティックなフランス人と。

 

今住んでいるのはフランスの素朴な村、ここには都会の喧騒はありません。

 

ただ、樹上の小鳥たちがチチチ…とのどかに歌っているだけです。

 

早起きして窓を開けるとそこには、野うさぎが駆け回っている可愛らしい光景が…

 

きっとどなたも思わず笑顔になってしまうことでしょう。

 

日暮れに森の中を散歩していると、

 

突然2つの瞳に見つめられているのに気づくことがあります。

 

それは、実は美しい鹿。すぐ傍に立ち止まってこちらを見ているのでした。

 

童話に出てくる白い点々のある赤キノコ、

 

風雅な彫刻を施されたかつての伯爵貴族の城門、

 

さらにはファンタジーの世界さながらの湖上の城郭…

 

目の前に広がる情景は別世界の奥深くへいざなってくれるのです。

 

 

全くのプライベート空間、VIPのくつろぎ…

 

今まで公開されることのなかった私的な城郭が、

 

あなたとこの美しさを分かち合えるのを待っています。

 

城の中の2つの部屋が、異郷からの旅人をお迎えします。

 

 

古堡面貌

 

 

20140701 001

 

 

 

ロケーション

 

 

かつてのブルターニュ地方の首府、

 

現在のペイ・ド・ラ・ロワール地方の首府ナント(Nantes

 

 

アクセス

 

 

パリからTGV(フランス国鉄高速鉄道)にてナント(Nantes)下車約2時間

 

パリ空港からTGVにてナント(Nantes)下車約3時間

 

パリから国内線にてナント(Nantes)着約45分

 

 

ナントまたはポンシャトー(ナントより列車乗り継ぎ)にても送迎サービスをお申し込み

 

ただます。(料金はお問い合わせください)

 

 

DSC01010.JPG

 

 

IMG_0314

 

 

インフォメーション

 

 

私たちの古城はフランスでも稀な、湖のほとりにそびえるものです。このキリスト教の

 

城郭14世紀に建築が始まりました。周囲の景色は優美のひと言、朝霧はさしずめ柔

 

らかなベールを掛けたよう…そのベールの中に佇む古城は霞がかった天国さながら

 

趣です。湖畔にはゴルフ場、4つ星ホテルそれにミシュランガイドに載っているレスト

 

ランが軒ています。この古城では、ハイクラスのバカンスが楽しめるばかりか、

 

地元フランス人の実生活両方をご体験いただけます。15分ほど歩くと村の中央広場

 

の教会へ。優雅かつ心和む雰囲気はあたかも桃源郷に分け入ったかのよう…心身とも

 

にくつろげる究極の聖地といえるのではないでしょうか。

 

 

DSC00486.JPG

 

 

4a4fccdd316fd[1]

 

DSC00979.JPG

 

DSC00975.JPG

 

DSC00977.JPG

 

 

 

森林

 

 

 

 

古城とその付近のお勧め観光スポット

 

 

 

メディア

 

Discovery Cultural&Geographic 20137

 

詳しくは:http://travelfr.pixnet.net/blog/post/38090985

 

 

結婚式の写真から

 

 http://travelfr.pixnet.net/blog/post/40504837

 

Blog

 

 http://natasha.pixnet.net/blog/post/41174950

 http://ninatseng.pixnet.net/blog/post/30523334

 http://ninatseng.pixnet.net/blog/post/30524511

 http://seeinghollow.pixnet.net/blog/post/136633031

 

Backpackers

 http://www.backpackers.com.tw/forum/showthread.php?t=802370

http://www.backpackers.com.tw/forum/showthread.php?p=7513704#post7513704

 

 

ルームタイプ

 

デラックスダブルルーム

 

1.ダブルベッド

 

2.百年物オーク材のフローリング

 

  3.ドーム型天井

 

  4.クラシカルモダンのインテリア

 

  5.コーヒーテーブル

 

  6.百年物ライティングデスク&キャビネット

 

  7.プチラウンジ

 

  ルームアメニティ

 

  バスタオル、ボディソープ、シャンプー、ドライヤー、Wifi

 

DSC03694 DSC03676 Picture3.jpg

 骨董級本棚&キャビネット          ダブルベッド        コーヒーテーブル

 

 

 

DSC03672  DSC03701

        プチラウンジ                 窓からの景色  

 

 

スーペリアルーム

  

 1.ダブルベッド

 

 2.百年物オーク材のフローリング

 

 3.クラシカルモダンのソファ

 

 4.コーヒーテーブル

 

 ルームアメニティ

 

 バスタオル、ボディソープ、シャンプー、ドライヤー、Wifi

 

 

039

 

 

文化的背景のあらまし

 

 

もしフランスでユニークかつ彩り豊かな地域を探すとしたら、ブルターニュは

 

外せない所です。1025もの建築物が歴史古跡リストに登録されており、更に

 

4000の城郭(歴史上の軍事の要衝施設、居住型古城なども含む)があると

 

いわれています。この地にはこの他にも大小様々な教会及び独特な建造物も多

 

   くあります。ですからいわゆる古跡の密集度はフランスでも1,2に数えられます。

 

 

   文化遺産がこの豊富さですから、その歴史背景ももちろん胸高鳴る特別なものです。

 

     ブルターニュの祖先はガリア人(フランス人の祖) とウェールズ人そしてコーン

 

   ウォール人(グレートブリテン人の祖)がルーツです。元々は独立国家でしたが、

  

   1532年に正式にフランスの一部となりました。

 

 

   ブルターニュは元来5つの地域に分かれていました。モルビアン、コートダルモー

 

   ル、フィニステール、イル・エ・ヴィレーヌ、ロワール・アトランティックの5

 

   です。この地の民は民族意識が高かったため、ブルターニュがフランス領となっ

 

   た後も 多くの人々がしきりに独立運動を鼓舞し、大いに物議をかもしていま

 

   した。そこでフランス政府は1956年ナントの あるロワール・アトランティック

 

   をペイ・ド・ラ・ロワールに区分するという政策を採りました。ナントを「ブル

 

   ターニュの首府」で無くした、というわけです。こうしてペイ・ド・ラ・ロワー

 

   ルの首府となったナントですが、現在行政上はブルターニュに入っていないとは

 

   いえ、実質の文化は100%ブルターニュが基盤になっているといえます。

 

  

   この地域には中世の城や、往時の面影が香る祭礼が数多く残っています。重要な

 

   フェスティバルには、人々は刺繍の美しい伝統的な衣装を身につけ、代々受け継が

 

   れてきた音楽とともに、手を取り合って町中で賑やかに踊ります。

 

 

   また実はここは誰もが知っているあのクレープの発祥の地。本場ではクレープに林

 

   檎のお酒を合わせるのが地元っ子の定番です。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

観光スポットには、参照します。

 

 

コートダムール

 

  コートダムールは人魚の入り江とも琥珀海岸とも呼ばれています。このネーミン

  からお分かりいただけますでしょうか。ここは 気づけば夢中になってしまう

  晴らしい場所なのです。まるで真珠のようなロケーションは人々を魅了して

 

やみません。

 

 

コートダムールはラ・ボールまで全長10キロにわたる白い砂浜、ウィキペデ

 

アではヨーロッパでもっとも美しい渚と称されています。もちろんフランス国

 

内の様々なウェブサイトでも「ヨーロッパにおけるとびきり麗しい砂浜」と形

 

されています。ヨット、サーフィン、パラセーリング、ビーチバレー…色々

 

マリンスポーツが盛んで、シーサイドバー、別荘、レストランが立ち並び、

 

バカンスには本当にぴったりの場所なのです。渚の向こうにはル・プリギュン

 

という小さな港が続いています。この港の起源は14世紀に遡ります。15世紀

 

にはスペインとイギリスの塩貿易で栄えた港でした。現在はとっておきのバカ

 

ス地として親しまれています。さてこの港の名前はブルターニュ語のDanc

   (馬、洞穴、湾、湿潤などの意味)と、Gwen(白色という意味)からきてい

     ます。ですのでル・プリギュンは、詩的な意味合いと真っ白な色、その二つを

合わせて名前としたのだとか。白い砂浜には洞窟、入り江、断崖絶壁など多様

 

な大自然が…とにかく穴場ツアースポットがたくさん!きっと大西洋の美しさ

 

の虜になってしまうでしょう。そして旅情に溢れたとっても素朴な漁村ル・ク

 

ロワジック。この村は古き良き海の伝統に根ざした文化と特色ある旧跡などに

 

よりフランスの「特色ある村」の認証を受けています。旧市街の伝統家屋を探

 

訪したり、ノスタルジックな聖マリア教会で癒やしのひと時を過ごしたり、

 

或いは入り江のカモメとのんびり散歩…。フランス風のエレメンツがちりば

 

められた風情を堪能できます。

 

 

インフォメーション

 

フランスは街の美化運動を推進しているため、1959年より毎年「フランス全国

花委員会」14つのフラワーマークで全国の都市農村をランク付けしてい

ます。このランク付け方式は確実な成果を生み、美しい街並みが創られてきた

のです。ラ・ボールは4つ花の最高ランクを獲得しています。

一見の価値あり、です。

 

 

DSC01037.JPG

 

DSC01045.JPG

 

 

Ⅱ ゲランド

 

ゲランドはロワールアトランティックに位置する歴史ある場所です。ここは新

 

石器時代からガリア・ローマ時代に至るまで占領から逃れられなかった地です。

 

つまりその歴史は、ここが地理的にいかに重要だったかを物語っています。

 

見られる城壁と大規模な建造物の姿は、中世からそのままをとどめているの

 

だとか。この地はかの有名な作家ギュスターヴ・フローベール、オノレ・ド・

 

バルザックをも魅了しました。またこちらのフルール・ド・セル(塩の精華)

 

つまりゲランドの塩も、文字通りいい味を出しているとっておきの物です。

 

その技術は2000年の時を越え、今に伝えられています。50平米の塩田500g

 

ほどしか産出できないフルール・ド・セルは、非常に希少な天日塩だといえる

 

でしょう。甘みとまろみ、旨み…そして花のストックのような香りまでも持つ

 

塩は、ミシュラン星付きレストランの必需品であり、グルメ研究家が追い求める

 

ものでもあります。毎年5月、中世をテーマにした知る人ぞ知るカーニバルがあ

 

ります。市民は中世の衣装を身にまとい、そこかしこで様々な芸術作品やショー

 

などが催されます。圧巻は城の外壁を利用して中世騎馬隊に関する壮大な演劇。

 

各種のイベントがあなたを中世の生活に誘います。そこでの体験はあたかも幻想

 

な映画のワンシーン…。また、すぐ近くには時が止まったかのような茅葺き屋

 

根の村があります。

 

 

 

IMG_1903 IMG_1905  IMG_1796

 

 

 

Ⅲ ヴァンヌ

 

 

ヴァンヌはブルターニュの典型的な都市といえます。 街にある城の歴史は

古く、5世紀に遡ります。中世になって敵を防ぐために城を壁で囲いました。

この城壁が以後ローマ時代と中世の特色を今に伝えることになります。この

 

城は国内で、ほぼ完璧な形で残っている古城のひとつ。随所に伝統的な装飾

 

が施された木造建築の技巧も見られます。長い歴史の紆余曲折の中でも、

 

の威厳は高くそびえ、揺るぎませんでした。独特な風格が認められ、国連

 

文化遺産に数えられています。古色蒼然とした石畳が続く街角を歩けば、忘れ

 

けていた旅愁をかき立てられます。城外にはどこか可愛らしさが漂う港、

 

てフランス式の輝くフラワーガーデンも目を楽しませてくれます。

 

さぁ、河のほとりの木陰でのんびりピクニックなどはいかがでしょう。夢に見た

 

あの光景を五感で体験できます。ここはブルターニュ公爵の最もお気に入りだっ

 

た場所。この歴史ある古城を見逃す手はありません。

 

IMG_1577

IMG_1580

IMG_1545 IMG_1539

IMG_1563 IMG_1528

                瓦納

 

Ⅳ ラ・ガシイ、ロシュフォール・アン・テール

 

ブルターニュに位置するラ・ガシイ、ここはアートの村です。この小さな

 

村の中にレザークラフト、石工芸、木工芸、ガラスアート、石鹸工房、フラ

 

ワーアレンジメントなど、様々に技術の高さを見ることができます。毎年6

 

から9月にかけて“ラ・ガシイの写真フェスティバル”という屋外写真の祭典

 

が開催されます。一般的な展覧会とは一線を画し、実は村全体がセットになる

 

のです。作品も小道具のひとつ、もちろん石畳や路地の花や緑、そして街並み

 

までも…村を構成するどんな小さなものも、展覧会の一部。スケールの大き

 

アートスペース、見飽きることはありません。また、ロシュフォール・アン・

 

テールという場所にお連れすることもできます。ここはフランスの3つの称号を

 

戴いた街。「フランスで最も美しい村」「花の村・花の町」「特色ある街」こ

 

れらの認定を受けている、極上の特別感を存分に味わえる場所です。

 

 

IMG_2064

IMG_2076

IMG_2085 IMG_2132


IMG_2095 IMG_2104

IMG_2118 IMG_2125


IMG_2134

IMG_2141

 

 

Ⅴ ポン・タヴェン

 

一本橋にせせらぎの音、太陽の煌き、歴史を重ねながらまわる水車…趣溢れる

一枚の絵のようなこの風景は、多くのアーティストがインスピレーションを追

い求める地です。ポール・ゴーギャン、エミール・ベルナール、モーリス・ド

ニなどかつて彼らはこの地にとどまり、多くを吸収し、類まれなる傑作を残し

 

ました。「ゴーギャンはポン・タヴェンにあったからこそゴーギャンになった」

 

とも称されているとか。つまりこの地で自身の新しい作風、理念を見つけ出し、

 

後世の人々が知るところのポン・タヴェン派に発展して行ったのです。彼とそ

 

の仲間たち(後に名を成すモーリス・ドニ、ポール・セリュジェなども)の創

 

作活動が基盤となり、この小さな地域は現在アートの道しるべとなっているの

 

です。今ではギャラリーが立ち並び、そぞろ歩きするだけであっという間に美し

 

く輝く芸術の旅を楽しめます。

 

IMG_1685 IMG_1722

 

IMG_1715

 

 

IMG_1705

 

 

 

Ⅵ クリッソン

 

 

この街の城郭はブルターニュに入る一番最初の言わば砦。ですからブルターニ

 

ュならではの風格を垣間見ることができます。とはいえ周囲には南フランス

 

イタリアの風情も見られる、風光明媚な土地なのです。かのゴールデングロ

 

ブとオスカー受賞のスター、ジャン・デュジャルダンもこの地に心奪われた一

 

人です。彼は自身のロマンティックな結婚式にこの地を選びました。まさに

 

のクリッソンで彼の人生を飾ったのです。また近くの村にはたくさんのワイナ

 

リーがあり、あの華やかな味わいの白ワイン、ミュスカデを作っています。

 

ご興味があればぜひご見学をお勧めします。

 

克利松俯 克利松4

 

克利松用 克利松 (2)

 

克

 

 

克利松10

 

白酒

 

 

 

Ⅶ ラ・ロッシュ・ベルナール

 

 

中世から続くこの美しい村は、実はとてもとても大きな岩の上にあります。

 

一部の家は岩に穴を掘ったものだそう。またあるところは石を一つ一つ巨

 

石の上に垂直に積み上げて建てられています。素朴という言葉そのままにく

 

ねくねと続く石畳は、懐かしさやぬくもりさえも感じさせてくれます。

 

また、村のふもとには港があり、高い所から見下ろすと…帆船がぽつりぽ

 

つりと浮かんでいるのが見えます。ドラマティックなひと時を演出してくれ

 

る美しい景観。小道のあちこちに佇む工芸品のお店をのぞいたり、またカフ

 

ェでのんびり川辺のさざ波を楽しむのも…他にはない物語を味わうことがで

 

きるでしょう。

 

20140701 149

 

20140701 093

20140701 196

 

別納

 

 

客室料金(朝食付き)

 

 

12名様 

デラックスダブルルーム 120€/一泊

 

34名様

デラックスダブルルーム+スーペリアルーム 210€/一泊

 

2泊以上滞在するために必要な1泊分の宿泊を開けないでください

 

Check in :15:30~

Check out :~11:00

 

ご滞在中の各種サービス(有料)

  • お車の手配:

 

専用車で観光スポットまでお連れします。

 

  • 古城キュイジーヌ:

 

遠方からの旅人にお出しするフランス飲食美学のエッセンスを盛り込ん

だコースは5つの料理から成り立っています。

 

   リビングでのアペリティフとアミューズから始まり、お喋りを楽しん

  

   次に続くフルコースは アントレ→メインディッシュ→チーズ→デ

   

   ザートもちろんお料理にぴったりのお酒も。最後にはご希望によりコー

   

   ヒーをお出しします。  

 

古城キュイジーヌは三泊以上後宿泊の方のみとさせていただきます。

 

  • 空港及び駅までの送迎サービス 

 

 

 

ワンポイントアドバイス;時間や費用を無駄にしないために!

           一度に効率よく色々な文化スタイルを見るために!

 

       フランス人の文化体系を大まかに分けると以下の特色があります。

 

  • 信仰の中心である美しい教会

  • 封建時代の貴族の城

  • 飲酒文化を支えているワイナリー

  • 歴史に彩られた中世の古城

  • 農村の風景:

         北、西フランス(Ardoise)ブルーグレーの石瓦

         南フランス(Tuile)オレンジ色の丸瓦

         東フランス(Maison à colombages)木造建築

 

フランスの地は地理的に特殊ですので、ここで効率のよいプレミアムツアー

をご提案いたします。交通機関を探す煩わしさも無く、しかも上記の見所がす

べて見られるツアーです。

 

 

一日目:古城+古城キュイジーヌ

 

二日目:ラ・ガシィ+ロッシュフォール・アン・テール

 

三日目:クリッソン+ワイナリー

 

四日目:ヴァンヌ+ラ・ロッシュ・ベルナール

 

五日目:11:00 チェックアウト

 

 

このツアーはディープなフランスを垣間見ていただけるだけでなく、各地の見所、

お勧めスポットも盛り込んであります。効率を考慮してありますので、一度に東

西南北それぞれ異なったフランスをご堪能いただけます。

 

旅のスペシャル

 

  • 最も美しい村認定 ロッシュフォール・アン・テール

 インフォメーション

 

  1. 北及び西フランスの質素で可愛らしい石造りの家

    ブルーグレーの石瓦

  2. アートと工芸品の村

 

  • 南フランスとイタリアの風格を併せ持った街 クリッソン

インフォメーション

 

  1. 南フランスのオレンジ色の丸瓦

  2. ワイナリーと荘園文化

 

  • 国連の文化遺産 木造建築のヴァンヌ

 

インフォメーション

 

  1. ローマ式フラワーガーデン

  2. 中世の古城

  3. 東フランスの風格色濃い木造建築

 

  • 古城宿泊

 

インフォメーション

  1.      優雅な貴族文化体験
  2.    ロマンティックな童話の世界

 

 

4月~10月費用:

 

4名様:お一人515

 

3名様:お一人670

 

2名様:お一人790

 

 

11月~3月費用
 
4名樣:お一人575
 
3名樣:お一人750
 
2名樣:お一人850
 

費用に含まれるもの

 

4泊5日 古城宿泊

 

朝食

 

貸切専用車

 

ポンシャトー駅までの送迎

 

古城キュイジーヌをお楽しみいただけます

 

 

アテンション

 

 

ポンシャトーまたはナントまでお迎えに参ります。(料金はお問い合わせください)

 

ワイナリー入館:お一人5~10

 

 

訂房聯絡信箱:christine_chou@kimo.com  英語 フランス語

 

 

 

プラスα

 

モンサンミッシェルに行かれる方は

 

列車で一時間のレンヌまで、その後バスへの乗り継ぎが便利です。

 

 

 

 

 

 

創作者介紹

法蘭奇緣

travelfr 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(1) 人氣()


留言列表 (1)

發表留言
  • 台南冷氣水電鋁門窗鐵捲門房屋修膳tw7500.uuu.to
  • 時來也氣他第得多我你十後爾不工在,了再後家過,十果外

    台﹂南高☆雄﹍嘉§義□神◇轎車大﹋貨♀車出租◇
    24噸□有尾♀門☆
    訂車﹂專○線:0930-§322-♂530林﹉先生
找更多相關文章與討論

您尚未登入,將以訪客身份留言。亦可以上方服務帳號登入留言

請輸入暱稱 ( 最多顯示 6 個中文字元 )

請輸入標題 ( 最多顯示 9 個中文字元 )

請輸入內容 ( 最多 140 個中文字元 )

請輸入左方認證碼:

看不懂,換張圖

請輸入驗證碼